上を向いて咲くヒマワリ

2016年9月12日夜、
「もしもし、タカちゃん、元気がい・・・」なつかしい福島弁。
明るく美しい声で、私のかわいい姪っ子の明ちゃん、明美と言います。

色白でかわいい赤ちゃんだった。
私、高校1年で叔母になった。

まるで姉妹のように一緒に成長して来たね。
私と同じように結婚したけれど・・今は一人。
同じように必死に仕事して、今も昔と同じ、明ちゃん、タカちゃんと呼び合っています。

私の娘だったり、友達のようだったり、親友みたいだったり、
誰よりもお互いを知っている。
どんな時も弱音を吐かない。
明ちゃんは、いつも前向きに上を向いて咲く、ヒマワリの花のようです。
akemihagaki

電話で話してから、電話を切ってから、
日付は9月13日になっていたね。

今・・・なぜ?淋しい・・・
ちがう・・・タカちゃんと話がしたかった。
うれしい、嬉しかった。いつでも京都へ来てね。

いつでもタカちゃんは、明ちゃんの味方だよ。いつでもおいで!!
両手をいっぱい広げて待っているよ。

喜びも悲しみもお互いみんな知っている。
実家の姉が長女で、次が私。
そして、私の間にもう一人姉がいるの。
三人姉妹なの、今は。私と姉の間に真理子という姉がいたけれど亡くなったの。
だから戸籍では私三女なの。

亡き母が私に言っていたの。タカコは真理子の分も二人分生きなさいと。
だから、私は二人分生きているの。
明ちゃん、知らなかった?

あっ・・・知っているよね。お墓に何度も行ってるものね。
今は母と一緒にいるんだよ。

血縁が結ぶ愛情。愚痴を言ったら誰でもきりがないんだよね。
みんなそれぞれ、それぞれに一生懸命生きている。

同じ一生、どう生きるか、自分次第。
心こそ大切なれ。と母がいつも言っていた。

私たち姉妹も、姪っ子も甥っ子もみながんばって生きている。
生きている事がどんなに素晴らしいか、
この気持ちを大事に、この心をギュッと抱きしめて頑張って生きて。
幸せも不幸も考え方で変わるのよ。

だから、明るく美しく、明ちゃんらしく、明美でいいのよ。
自信を持って、今までも、これからも明美でいいのよ。

だって明るく美しいんだからね。

電話嬉しかったよ。会える日を待ってるね。
いっぱいおいしいもの食べて、ビールも飲んで、いっぱい話しようね。

いつでもいいんだよ。いとこ達も待ってるよ。
息子は本宮で生まれたんだよ。
会いたいって言ってるよ。スーも待っているよ。

一人じゃないってきっと心強くなるよ。

本当にありがとう。

2016年9月13日 コメントは受け付けていません。 日記