ネギの生命力と私達の強さ

私は今日、Mチャンの所に来ました。
彼女は、とても明るくきさくで、とても魅力的で、
優しい笑顔。タカコちゃん、いらっしゃいと迎えてくれたのよ。

ちょうどお昼時でしたので、うどんを作ってくれました。
su-udon

「ねえ、美味しい?」
「うん・・・美味しいよ・・出汁もいい、でも・・ねぇ・なにか足りなくない・・?」

「あっ、そうだ、ネギがないんだよね!大丈夫、私、ベランダでネギを作ってるのよ♪」

「えっ!ネギをベランダで?」

「そうなの、もう、ほったらかしなんだけど・・」

「えっ!ほったらかしでネギが育つの?」

「そりゃ、そこそこのの培養土と有機質園芸肥料と油かすを、思いだした時に、土に入れたけど、いつ土に入れたかは覚えてないのよ。」

「ネギの葉を採って根っこは3センチぐらい、そのま ま土に残しておいたら、こうして出てくるのよ」・・・と言うのです。

素うどんに出し汁、そしてガーデニングで育ったたっぷりのネギ…

よく合うんですよね。

土に感謝、口から美味しく食べて、ゆっくり噛んで食べられる幸せ。

ほっておいても勝手に力強く、この寒い冬の中で、
沢山ある植物(パセリ、コリアンダー、青葉、アセロラ、菜っ葉、等)の中で、
ネギだけが、ひょうひょうと伸びていました。

まさに生命力ですね!

私達は、生命力のあるすべてに感謝して、
生きなければなりませんよね。

そして、私達は、今、少しの不安な世の中ですけど、
心だけは、強くないと幸せを満喫できませんから、

ネギに感謝し、また、なんでもいいから、
笑ってもっと笑って、

強く、強く、
生き抜きましょうね。
untitled

2015年2月18日 コメントは受け付けていません。 日記